赤ら顔のレーザー治療っていくらくらいかかるの?
赤ら顔の改善は化粧水選びで決まる!しっかり治したい方必見!
赤ら顔の改善は化粧水選びで決まる!しっかり治したい方必見!
  1. レーザー治療の流れと費用について

レーザー治療は最後の砦?

レーザー治療は最後の砦?

レーザー治療は赤ら顔治療の最後の砦、と考えている人も多いかもしれません。でも、必ずしも赤ら顔が治るわけではありません。私自身、レーザー治療で効果が得られなかった一人です。高額なのに副作用や失敗もあります。

ここではレーザー治療にかかる費用や治療の流れについてまとめてみたので、以下の失敗例や副作用を踏まえた上でぜひ参考にしてみてください。

おおよそですが、レーザー治療の効果について次のように数値がでています。

・効果が得られた人:約6割

・効果が得られなかった人:約3割

・痛みや後遺症など何かしらの副作用がでた人:約1割

副作用として、レーザー跡とシミができた、レーザー跡がまだらに残ってしまった、赤く腫れ上がった、といったことが報告されています。

高額なうえにこのような副作用が約1割の人にでていること、副作用がでなくても効果が得られなかった人を合わせると半分近くの人にとって満足のいくものではなかったこと、これらを踏まえたうえでレーザー治療を受けるかどうか考えてみてください。

レーザー治療の金額はどれくらい?

レーザー治療の金額はどれくらい?

レーザー治療の1回の金額は最低1万円から最高で5万円、平均で1回あたりおよそ2万円が相場のようです。

赤ら顔の程度によっても差はありますが、レーザー治療が1回で終わるということはまずありません。赤ら顔の場合、完全に治すには平均して5回もしくは10回を1セットとしている医療機関が多いようです。総額で15万円から30万円くらいかかると考えるとよいと思います。レーザー治療に使用する機器は高額なため、費用も高額になりますが、患者数が多い医療機関などでは比較的リーズナブルな価格設定になっているところもあるようです。ちなみに一部の医療機関では「初回価格」ということで、1回目の価格を5千円などの料金に設定しているところもあります。ただそういうところでも2回目以降は料金が3倍以上高くなることもあるので注意が必要です。

さきほども述べた通り、1回の治療で改善することはほぼありません。そのため効果を期待して高額の費用を支払って何回も受けてみた結果、状態が変わらなかった、あるいは悪くなったといったケースもあります。レーザー治療の費用リスクをきちんと調べ把握したうえで治療をしないと後で後悔することになります。事前に医療機関のホームページなどで情報を収集するなどして確認しましょう。

レーザー治療の流れは?

赤ら顔のレーザー治療の基本的な流れです。

1、カウンセリング

治療前に、一人ひとりの症状や悩みに対してカウンセリングを行います。その症状がレーザー治療に適しているかどうか、またレーザー照射後の経過についてなど注意事項も含め詳しい説明を受けます。お化粧をしている人は、きれいに洗顔します。

2、テスト照射

症状や肌の状態に合わせ適切な照射部位、波長フィルター、照射パワーを選びます。症状により治療回数や治療間隔などが決まります。肌の保護、レーザー光の浸透率を高めるためにジェルを塗布します。

3、レーザー照射

カウンセリング、テスト照射の結果をもとに、実際にレーザーを照射していきます。照射時は目の保護のためアイマスクを着用します。1回の治療は個人差もありますが約20〜30分程度と短時間です。痛みを感じる人もいますが、基本的に熱めのシャワーをかけられているような感覚です。痛みが心配な方は塗るタイプの麻酔を使用できる場合もあります。

4、施術終了

ジェルをふきとり、顔全体をクーリングして肌の状態を確認します。治療後すぐメイクができるので、お昼休みや仕事帰りにも治療ができます。生活の制限はないので治療当日から洗顔、入浴もできます。