赤ら顔の改善にビタミンCやビタミンEのイオン導入は効果的?
赤ら顔の改善は化粧水選びで決まる!しっかり治したい方必見!
赤ら顔の改善は化粧水選びで決まる!しっかり治したい方必見!
  1. ビタミンCやビタミンEのイオン導入を使えば赤ら顔は改善できる?

ビタミンCイオン導入の赤ら顔改善効果と注意点

ビタミンCイオン導入の赤ら顔改善効果と注意点

ビタミンCのイオン導入といえば、サロンでも定番人気メニューの1つ。ビタミンCはメラニン生成を抑制してくれるため、シミや肝斑に有効だというのは有名ですね。実はビタミンCには、赤ら顔の原因の1つである活性酸素を除去してくれる効果もあるのです。また皮脂の分泌のコントロールにも有効なため、皮脂が多いタイプの赤ら顔にも効果があると言われています。

しかし肌表面にはバリア機能があるため、ビタミンCをそのまま肌に塗っただけではなかなか肌の奥まで浸透しにくいもの。そこで微弱な電流を利用して肌表面のバリア機能を通過し、ビタミンCを肌の奥まで浸透させるのがイオン導入というわけです。イオン導入を行うことで効率的にビタミンCを浸透させることができ、赤ら顔の改善が期待できます。

ただし注意したいのは、もともと炎症を起こしているお肌や、皮膚が薄く少しの刺激に敏感になっている肌。そういったお肌はイオン導入の電流自体が刺激になって、赤ら顔が悪化してしまうことがあります。イオン導入は施術時間も短い手軽なメニューですが、施術をしても問題のない肌状態であるか、事前にきちんとカウンセリングを受けるようにしましょう。

顔の血行不良による赤ら顔に効くのはビタミンE

顔の血行不良による赤ら顔に効くのはビタミンE

イオン導入させる成分といえば、ビタミンCやプラセンタが代表的です。ですが、イオン導入できるビタミンはビタミンCだけではありません。お肌の状態を見ながら、いろいろなビタミンを効果的にブレンド(カクテル)してくれるサロンもあります。ビタミンCにプラスして効果的なビタミンを、赤ら顔タイプ別にご紹介します。

 

 
・血行不良タイプの赤ら顔にはビタミンK
血行を良くして血管を広がりにくくさせる効果があります。
・ニキビやニキビ跡タイプの赤ら顔にはビタミンE
肌の炎症を抑える働きがあります。活性酸素を除去する効果も。
・乾燥タイプの赤ら顔にはビタミンA、ビタミンB5
皮膚細胞の働きを正常に保ち、肌の潤いを保ちます。

サロンでビタミンCのイオン導入を検討されている方は、どんな成分をブレンドするのが効果的か、カウンセリングの際に相談してみてもいいですね。

イオン導入とフォトフェイシャル、超音波導入などの併用が効果的

イオン導入は赤ら顔に有効とされていますが、1回の施術で効果てきめんというわではありません。何度も定期的に通うことで、肌の状態が改善されていきます。また、イオン導入の他にもフォトフェイシャルや超音波導入の併用が効果的です。

フォトフェイシャル

IPLという特殊な光を肌に照射して行う治療のことで、美容皮膚科などの医療機関で受けられます。肌表面の毛細血管を縮小させて赤みを抑え、赤ら顔を改善してくれる効果があります。沈着したメラニンにも効果があり、お肌のターンオーバーも促してくれるのでシミやくすみ、そばかすにも有効です。料金は医療機関によって異なりますが、平均的なのは1回につき3~5万円。少なくとも4~5回の治療が必要と見ていたほうが良いでしょう。

超音波導入

超音波の振動によって皮膚に一時的に空洞を作り、美容成分を浸透させやすくします。ビタミンAやコラーゲン、ヒアルロン酸などイオン導入では浸透しない成分は超音波導入が効果的。イオン導入と併用して行うことでより高い美容効果が得られます。 料金は超音波導入単体で5,000円~12,000円程度が目安ですが、クリニックによってかなり差があります。また、イオン導入など他のメニューとの組み合わせとなっているものが多いです。

赤ら顔でお悩みの人は多いだけに、クリニックや美容皮膚科でもいろいろなメニューが用意されています。ただし費用は高額になることが多いため、ずっと続けていくのは難しいというデメリットがあります。まずは自宅でのスキンケアや食事の改善、赤ら顔専用の化粧水などでケアすることを習慣にしていきましょう。